セミナー詳細

都市を語る 第3回 川本三郎(評論家) × 池内 紀(ドイツ文学者)

toshi080704

五十嵐太郎氏→槇文彦氏→川本三郎氏と続いたリレー対談の第3回は、川本さんのリクエストにより、ドイツ文学者でエッセイストの池内紀さんにご登場いただきます。 世界のさまざまな都市を旅してこられた「旅する書斎人」池内さんと、東京・江戸をベースに都市を考えてこられてきた川本さん。 日欧の都市、人々の生活のあり方の違いや、都市での立ち振る舞いなど、豊富な話題満載の楽しい語らいをご期待ください。

  • 出演

    川本三郎(評論家) × 池内 紀(ドイツ文学者)

  • 日時

    2008年07月04日(金) 19:00-21:00 ※終了しました

  • 会場

    ヒルサイドカフェ(ヒルサイドテラスF棟 東急東横線代官山駅より徒歩3分)

  • 定員

    50名

  • 会費

    一般2,000円(ドリンク付き)

川本三郎 プロフィール
kawamoto
1944年東京生まれ。東京大学法学部卒業後、朝日新聞社に入社。編集者として活躍したのち1972年に退職。以後、文学、都市、映画を中心とした評論ほか、小説、翻訳など幅広い執筆活動を行う。 1991年に『大正幻影』でサントリー学芸賞、1997年に『荷風と東京』で読売文学賞、2003年には『林芙美子の昭和』で桑原武夫学芸賞、毎日出版文化賞を受賞。著書・訳書に『郊外の文学誌』『都市の感受性』『今ひとたびの戦後日本映画』『マイ・バック・ページ』『叶えられた祈り』(トルーマン・カポーティ著)ほか多数。
池内 紀 プロフィール
ikeuchiosamu1940年兵庫県生まれ。ドイツ文学者、エッセイスト。東京大学などで教鞭を執る。フリーの文筆家、翻訳家として活躍。カフカ、ゲーテの新訳や評論、ドイツ語圏の文化をつづったエッセイをはじめ、自然や動植物に関する随筆、テーマ別人物列伝など、執筆範囲は多岐に渡る。1994年に『海山のあいだ』で講談社エッセイ賞、1999年に『ファウスト』(ゲーテ著)で毎日出版文化賞、2001年に『ゲーテさんこんばんは』で桑原武夫賞、 2000-2002年に『カフカ小説全集』で日本翻訳文化賞を受賞。そのほかにも数多くの著訳書を手掛ける。

予約・お問い合わせ

イベント

  • セミナー&イベント一覧
  • セミナーシリーズ一覧
  • 過去開催されたイベント
  • セミナー&イベントレポート

クラブヒルサイドサロン

クラブヒルサイドサロンはクラブヒルサイド会員のためのスペースです。交流と活動の場としてご利用ください。

詳細を見る

ヒルサイドライブラリー

ヒルサイドライブラリーは、クラブヒルサイド会員のための私設図書室です。各界で活躍する“目利き”が選んだ蔵書が収められた美しい空間で、思い思いの時間をお過ごしいただけます。

詳細を見る

100人の目利き

ヒルサイドライブラリーの “目利き”たちは、文学、美術、建築、まちづくり、デザイン、思想、科学、経済、ジャーナリズム、音楽、ファッション等、さまざまな分野の第一線で活躍されています。

詳細を見る

メールマガジン

クラブヒルサイド主催のセミナーやイベントの他、ヒルサイドテラスの展覧会やコンサート、イベントなど、最新情報をお届けいたします。

詳細を見る

ページの先頭へ

twitter