セミナー詳細

都市を語る 第1回 五十嵐太郎(建築評論家) × 槇 文彦(建築家)

toshi080418

「都市」をテーマに毎回豪華なゲストが語り合うリレー対談の第1回目は、ヒルサイドテラス設計者・槇文彦氏と建築評論家・五十嵐太郎氏をお迎えします。都市の日常性はどのように成り立つのか、権力は都市にいかに介在し介入するのか、グローバリゼーションの光と影など、刺激的な話題をめぐり、お二人が縦横無尽に語り合います。

  • 出演

    五十嵐太郎(建築評論家)× 槇 文彦(建築家)

  • 日時

    2008年04月18日(金) 19:00-21:00 ※終了しました

  • 会場

    ヒルサイドカフェ(ヒルサイドテラスF棟 東急東横線代官山駅より徒歩3分)

  • 定員

    50名

  • 会費

    一般2,000円(ドリンク付き)

  • 共催

    鹿島出版会

五十嵐太郎 プロフィール
ogarashi1967年フランス・パリ生まれ。建築批評家。東京大学工学部建築学科卒業、東京大学工学系大学院建築学専攻修士課程修了。博士(工学)。著書に『終わりの建築/始まりの建築』『現代建築に関する16章』『新編 新宗教と巨大建築』『美しい都市・醜い都市』『過防備都市』『現代建築のパースペクティブ』『戦争と建築』など多数。2008年、第11回ヴェネツィアビエンナーレ国際建築展では日本コミッショナーをつとめる。
槇 文彦 プロフィール
maki1928年東京都生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。クランブルック・アカデミー・オブ・アーツおよびハーヴァード大学大学院修士課程修了。その後ワシントン大学、ハーヴァード大学、東京大学で教鞭をとる。1965年に槇総合計画事務所設立、現在に至る。計画着手から完成まで25年間におよんだ代官山集合住居計画(ヒルサイドテラス)は、類まれなるまちづくりとして世界に名高い。主な作品に名古屋大学豊田記念講堂、ヒルサイドテラス、スパイラル、幕張メッセ、東京体育館など。日本建築学会作品賞、毎日芸術賞、芸術選奨文部大臣賞、日本芸術大賞、レイノルズ賞、プリツカー賞、日本建築学会大賞など受賞多数。

予約・お問い合わせ

イベント

  • セミナー&イベント一覧
  • セミナーシリーズ一覧
  • 過去開催されたイベント
  • セミナー&イベントレポート

クラブヒルサイドサロン

クラブヒルサイドサロンはクラブヒルサイド会員のためのスペースです。交流と活動の場としてご利用ください。

詳細を見る

ヒルサイドライブラリー

ヒルサイドライブラリーは、クラブヒルサイド会員のための私設図書室です。各界で活躍する“目利き”が選んだ蔵書が収められた美しい空間で、思い思いの時間をお過ごしいただけます。

詳細を見る

100人の目利き

ヒルサイドライブラリーの “目利き”たちは、文学、美術、建築、まちづくり、デザイン、思想、科学、経済、ジャーナリズム、音楽、ファッション等、さまざまな分野の第一線で活躍されています。

詳細を見る

メールマガジン

クラブヒルサイド主催のセミナーやイベントの他、ヒルサイドテラスの展覧会やコンサート、イベントなど、最新情報をお届けいたします。

詳細を見る

ページの先頭へ

twitter