セミナー詳細

目利きが語る“私の10冊” 第18回 平良敬一(建築ジャーナリスト)

平良敬一

戦後日本の建築界において、6誌の雑誌を創刊し、60年にわたって建築ジャーナリズムを牽引してこられた平良敬一さん。その仕事は、常に現在の建築を歴史的・社会的文脈のなかでとらえ、日本の多くの建築家を鼓舞し、本質を指し示してきました。自らが創刊・編集する雑誌の変化とともに、自身の思想もまた柔軟に開いてこられた平良さんは、どのような本を読んでこられたのでしょうか。今、平良さんは建築家の仕事をどう見ておられるのでしょうか。じっくりとお話をうかがいたいと思います。

  • 出演

    平良敬一(建築ジャーナリスト)

  • 日時

    2012年2月15日(水) 19:00-20:30 ※終了しました

  • 会場

    ヒルサイドライブラリー(ヒルサイドテラスF棟)

  • 定員

    50名

  • 会費

    一般2,000円 クラブヒルサイド会員1,000円

平良敬一 プロフィール
1926年沖縄県生まれ。建築ジャーナリスト。東京大学第一工学部建築科卒業後、新日本建築家集団(NAU)事務局に参加。1950年「国際建築」編集部員となり、1953年「新建築」へ移籍。退社後、1959年「建築知識」の創刊に携わる。1960年、編集長として「建築」創刊。1962年に鹿島出版に入社、1965年に編集長として「SD」創刊、1968年「都市住宅」の創刊に関わる。1974年に編集事務所・建築思潮研究所を設立し、1975年「住宅建築」、1996年「造景」を創刊、それぞれ初代編集長をつとめた。1997年、戦後日本の建築ジャーナリズムを牽引した功績から、日本建築学会賞受賞。著書に、『「場所」の復権』(建築資料研究社)、訳書にバーナード・ルドフスキー『人間のための街路』(鹿島出版会)など。

予約・お問い合わせ

関連セミナー

イベント

  • セミナー&イベント一覧
  • セミナーシリーズ一覧
  • 過去開催されたイベント
  • セミナー&イベントレポート

クラブヒルサイドサロン

クラブヒルサイドサロンはクラブヒルサイド会員のためのスペースです。交流と活動の場としてご利用ください。

詳細を見る

ヒルサイドライブラリー

ヒルサイドライブラリーは、クラブヒルサイド会員のための私設図書室です。各界で活躍する“目利き”が選んだ蔵書が収められた美しい空間で、思い思いの時間をお過ごしいただけます。

詳細を見る

100人の目利き

ヒルサイドライブラリーの “目利き”たちは、文学、美術、建築、まちづくり、デザイン、思想、科学、経済、ジャーナリズム、音楽、ファッション等、さまざまな分野の第一線で活躍されています。

詳細を見る

メールマガジン

クラブヒルサイド主催のセミナーやイベントの他、ヒルサイドテラスの展覧会やコンサート、イベントなど、最新情報をお届けいたします。

詳細を見る

ページの先頭へ

twitter