セミナー詳細

人生に大切なことはすべて絵本から教わった 第3回 絵のない絵本と即興詩人―アンデルセンの国デンマーク

ehon080614

「人魚姫」「雪の女王」「マッチ売りの少女」「みにくいあひるの子」「親指姫」――生涯に156篇の童話を残したアンデルセンは、世界中でもっとも愛されている童話作家のひとりです。美しく、哀しく、切なく、時にユーモラスなその物語世界は、貧しく生まれ、波乱に富んだアンデルセンの生涯の鏡であったと言われています。
「旅することは生きること」と語ったアンデルセンのイタリア旅行記「即興詩人」森鴎外訳を幼い頃に読み、感銘を受け、自ら「繪本 即興詩人」も著している安野光雅さんをゲストに迎え、末盛千枝子さんとともにアンデルセンの魅力について語っていただきます。

  • 出演

    安野光雅(画家)、末盛 千枝子(編集者)

  • 日時

    2008年06月14日(土) 14:00-16:00 ※終了しました

  • 会場

    ヒルサイドプラザ(東急東横線代官山駅より徒歩3分)

  • 定員

    150名

  • 会費

    一般1,500円

  • 協力

    アップリカ代官山、キャラメルベビー&チャイルド、プチバトージャパン代官山

安野光雅 プロフィール
安野光雅1924年島根県津和野町に生まれる。子どもの頃から、同じ津和野出身の森鴎外の著作に触れて育つ。幼い頃から画家を志し、美術教員をしていたこともあるが、「ふしぎなえ」で衝撃的に絵本界にデビューし、その後、「旅の絵本」「数の絵本」などたくさんのおだやかで美しい絵本を発表。また「絵本平家物語」などの絵巻物のような豪華な絵本の仕事をし、長年にわたり司馬遼太郎氏とともに世界各地を旅した「街道をゆく」の装画を担当したことは今も記憶に新しい。皇后様の講演録「橋をかける」「バーゼルより」、詩集「どうぶつたち」「ふしぎなポケット」の装画も手がけた。絵本作家として、世界中にたくさんのファンがおり、絵本作家に与えられる世界最高の賞である国際アンデルセン賞を受けている。現在は週刊朝日に、語り下ろし、描き下ろしで「絵本三国志夜話」を連載中。読書家としても知られ、書評や、エッセイの仕事も多い。講演はほとんどしないと言われており、今回は本当に稀有な機会。
末盛千枝子 プロフィール
末盛千枝子1941年生まれ。絵本の編集者を経て、88年すえもりブックスを設立。以後、まど・みちおの詩を皇后美智子様が選・英訳された『どうぶつたち・THE ANIMALS』、98年ニューデリーでの皇后美智子様の講演録『橋をかける-子供時代の読書の思い出』の他、国内外の絵本等を出版。独自の価値観による出版を続けている。

予約・お問い合わせ

イベント

  • セミナー&イベント一覧
  • セミナーシリーズ一覧
  • 過去開催されたイベント
  • セミナー&イベントレポート

クラブヒルサイドサロン

クラブヒルサイドサロンはクラブヒルサイド会員のためのスペースです。交流と活動の場としてご利用ください。

詳細を見る

ヒルサイドライブラリー

ヒルサイドライブラリーは、クラブヒルサイド会員のための私設図書室です。各界で活躍する“目利き”が選んだ蔵書が収められた美しい空間で、思い思いの時間をお過ごしいただけます。

詳細を見る

100人の目利き

ヒルサイドライブラリーの “目利き”たちは、文学、美術、建築、まちづくり、デザイン、思想、科学、経済、ジャーナリズム、音楽、ファッション等、さまざまな分野の第一線で活躍されています。

詳細を見る

メールマガジン

クラブヒルサイド主催のセミナーやイベントの他、ヒルサイドテラスの展覧会やコンサート、イベントなど、最新情報をお届けいたします。

詳細を見る

ページの先頭へ

twitter