セミナー&イベントレポート詳細

「中原佑介さんを偲ぶ会 -『中原佑介美術批評選集』の発刊を記念して」 レポート

2011年8月20日(土) ヒルサイドプラザ

中原佑介

去る8月20日、美術評論家・中原佑介さんを偲ぶ会がヒルサイドプラザで催されました。3月3日に胆嚢ガンのために亡くなられた中原さんの死を悼み、130名を超える人々が集まりました。

クラブヒルサイドでは、今年4月より「中原佑介を読む 美術批評の地平」というスクールをBankART1929と共催し、8月20日には「中原佑介美術批評選集」(全12巻)の発刊を記念して出版記念シンポジウムを予定しておりましたが、中原さんの急逝により、その日が偲ぶ会となりました。

中原佑介さんを偲ぶ会

1955年のデビュー以来、一貫して日本の現代美術批評の第一線で活躍してこられ中原さんを偲び、国内のみならず、韓国からも美術界の重鎮やアーティストをはじめ多数のご参加がありました。単なる批評家にとどまらず、クリストやダニエル・ビュレンヌ等、世界のトップスターを予見し、日本で初めての本格的な国際展「人間と物質」(1970年)のコミッショナーをつとめ、数々の展覧会を企画されました。1999年からは「代官山インスタレーション」の審査員もつとめていただきました。

中原佑介を偲ぶ会

会場は、中原さんが生前好まれたヘンリク・グレツキ作曲「悲歌のシンフォニー」が流れる中、終始なごやかであたたかな雰囲気に包まれていました。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

装丁を手がけた浅葉克己さんの秘書のブログに、出版までの経緯が書かれています。
http://ameblo.jp/asaba-d/entry-10994378830.html

Photo: Tatsuhiko Nakagawa

イベント

  • セミナー&イベント一覧
  • セミナーシリーズ一覧
  • 過去開催されたイベント
  • セミナー&イベントレポート

クラブヒルサイドサロン

クラブヒルサイドサロンはクラブヒルサイド会員のためのスペースです。交流と活動の場としてご利用ください。

詳細を見る

ヒルサイドライブラリー

ヒルサイドライブラリーは、クラブヒルサイド会員のための私設図書室です。各界で活躍する“目利き”が選んだ蔵書が収められた美しい空間で、思い思いの時間をお過ごしいただけます。

詳細を見る

100人の目利き

ヒルサイドライブラリーの “目利き”たちは、文学、美術、建築、まちづくり、デザイン、思想、科学、経済、ジャーナリズム、音楽、ファッション等、さまざまな分野の第一線で活躍されています。

詳細を見る

メールマガジン

クラブヒルサイド主催のセミナーやイベントの他、ヒルサイドテラスの展覧会やコンサート、イベントなど、最新情報をお届けいたします。

詳細を見る

ページの先頭へ

twitter